本文へスキップ

TEL. 048-862-2542 FAX. 048-862-9764

〒336-0031さいたま市南区鹿手袋4-1-7埼玉建産連会館3F

建設業労働安全衛生マネジメントシステム(COHSMS)

 労働安全衛生マネジメントシステムは、事業者が、「計画(P)-実施(D)-評価(C)-改善(A)」のサイクルを運用し、連続的かつ継続的な安全衛生管理を行うことにより「労働者の健康の増進と快適職場の形成の促進」及び「企業の安全衛生水準の向上」を図ろうとするものです。 

コスモス認定事業

建設事業場における安全衛生士水準の向上を目的に、コスモスガイドラインに基づいて労働安全衛生マネジメントシステムを導入した建設事業場が、同システムの実施・運用に対する客観的な評価を希望する場合に、コスモス認定基準に基づき評価し、同基準に適合している建設事業場に対しコスモス認定証を交付する事業を推進しています。
(交付件数:  件(平成27年6月末日現在))

コスモス認定を取得するメリット

1.コスモス認定基準に適合させるための改善を通じたシステムの質の向上が図れます。
2.コスモス認定証のもとに全社員が一体となった安全衛生意識の強化が図れます。
3.企業の社会的責任(CSR)の実現への寄与と社会的信頼の向上が図れます。
4.パンフレット、名刺等に「コスモス認定マーク」が使用でき、認定による企業のイメージアップが図れます。
5.公共工事の入札時等における安全衛生管理能力の証明や優遇措置(総合評価の加点等)の対象になることがあります。

 【お問い合わせ先】
 建設業労働安全衛生マネジメントシステムトータルサービスセンター
 (通称:コスモスセンター)
 TEL:03(3453)1306   FAX:03(3453)0992

認定事業場(埼玉県内会員業者)

 建設事業場名 平岩建設株式会社 定番号  JC002-3
 代表者 平岩宗敏 認定範囲 本社  交付年月日  H20年6月2日 
 システム名称  なし  実施 H16年5月より
 システムの
状況等
業務形態別に、元請作業所、リニューアル作業所、下請作業所用と定めて運用している。    

 建設事業場名 関口工業 定番号   JC021-2 
代表者 星野博之 認定範囲  本社  交付年月日  H22年1月13日
 システム名称 関口工業コスモス   実施  H19年3月より 
 システムの
状況等
本店と作業所が連携を取り合ってシステムを適切に実施、運用している。    

 建設事業場名 初雁興業 定番号  JC024-2 
代表者 関根 勇治 認定範囲  本社  交付年月日  H22年2月3日
システム名称    初雁興業梶@労働安全衛生マネジメントシステム 実施  H16年12月より 
 システムの
状況等
建設部門と安全部門が一体となって推進している。システム文書の目的、手順等が簡潔かつ明確に記載されており、システムの推進がスムーズに実施されている。    

 建設事業場名 鞄村工業 定番号  JC036-2 
代表者 島村 健 認定範囲  本店、上尾支店  交付年月日  H22年2月25日
 システム名称 島村工業労働安全衛生マネジメントシステム第4版   実施  H17年10月より 
 システムの
状況等
危険性または有害性等の調査及び実施事項の決定において、過去の労働災害事例、安全衛生点検結果、ヒヤリハット集計結果等、多くの情報を情報源として実施している。    

 建設事業場名 潟ーディケー 定番号  JC063-2 
代表者 関根 信次 認定範囲  交付年月日  H23年5月31日
システム名称  なし   実施  H22年3月より 
 システムの
状況等
既存の帳票類及びISO関係規程・帳票を積極的に活用している。特徴としては、「ヒヤリ・ハット・気がかり」シートの活用により、情報をより収集し易い体制を作り上げている。    

 建設事業場名 近藤建設 定番号  JC081-1
代表者 宇佐見 佳之 認定範囲  建設統括部の
工事に限る
交付年月日  H24年5月17日
システム名称 COHSMSマニュアル   実施  H22年11月より 
 システムの
状況等
既存の各種規程、要領、様式を活用して、社内各部署に速やかに浸透、展開しやすい簡素化されたシステムとして実施、運用されている。特徴としては、COHSMSマニュアルの各ページには、関連する要領・様式が併記され、わかりやすいマニュアルになっている。    

 建設事業場名 古郡建設 定番号  JC090-1 
代表者 古郡 栄一 認定範囲  本社 交付年月日  H24年11月22日
システム名称  FURUGORI-COHSMS   実施  H23年9月より 
 システムの
状況等
「FURUGORI-COHSMS」を最上位に位置付けて、従来より展開している既存の「安全衛生管理規程」「要領」「手順」「様式」等を組み合わせて、簡潔に運用をしている。「協力会安全品質協議会」を年4回開催して、協力会社に対してコスモスを含めた会社方針等の伝達のみならず、コミュニケーションの場として活動をしている。

 建設事業場名 サイレキ建設工業 定番号  JC091-1 
代表者 野中 信孝 認定範囲  本社 交付年月日  H24年11月22日
 システム名称 SAIREKI-COHSMS   実施  H23年11月より 
 システムの
状況等
システムの導入に当たり、従来から実施してきた安全衛生管理の仕組みを基本としてシステムを構築している。システムを導入して、1年と実施期間が短いが、PDCAを回して工事を進めていることは高く評価できる。

 建設事業場名 真下建設 定番号  JC105-1
代表者 真下 敏明 認定範囲  本社 交付年月日  H25年2月28日
システム名称  建設業労働安全衛生マネジメントシステム   実施  H23年7月より 
 システムの
状況等
従来から実施してきた安全衛生管理の仕組みをシステム化し、運用しやすい仕組みである。

 建設事業場名 小川工業 定番号  JC113-1
代表者 小川 貢三郎 認定範囲  本社 交付年月日  H25年7月10日
 システム名称 OGAWA・COHSMS   実施  H24年1月より 
 システムの
状況等
従来から実施してきた安全衛生管理の仕組みを最大限取り入れ「OGAWA・COHSMS」として最上位に位置付けて、安全・安心に働ける職場を目指し、簡潔で運用しやすい仕組みとなっている。

 建設事業場名 且R口組 定番号  JC139-1
代表者 山口 敬善 認定範囲  本社 交付年月日  H26年12月19日
 システム名称 山口組コスモス   実施  H25年8月より 
 システムの
状況等
システム文書は、コンパクトなシステムを目指し作成されている。社員がスムーズかつ正確にシステムを運用できるよう文書にフローチャートが併記され、わかりやすくなっている。そのため、PDCAサイクルの運用が確実に展開されやすくなっている。

 建設事業場名 田部井建設 定番号  JC157-1
代表者 田部井 俊一 認定範囲  交付年月日  H28年10月26日
 システム名称 TABEIコスモス  実施  H26年10月より 
 システムの
状況等
システムは、当社の経営理念である「安全は全てに優先する」に基づき構築したもので、事業活動の中で組織的かつ計画的に実施することが可能となっている。そのことにより、労働災害の防止と安全で健康な快適職場環境を形成し、安全衛生水準の向上を目指すことが有効になる仕組みである。

バナースペース

建設業労働災害防止協会埼玉県支部

〒336-0031
さいたま市南区鹿手袋4-1-7
埼玉建産連会館3階

TEL 048-862-2542
FAX 048-862-9764
受付時間 9時〜17時(土日祝除く)